他の関連する情報

これから先、Youtubeのサービス対象地域が追加された場合には、自動的に収益化サービスの対象エリアにも登録されることとなります。また、自分の楽曲をYoutubeコンテンツ収益化サービスへ登録するためには、当該サービスのSTEP:2「楽曲選択ページ」から手続きをすることが可能です。ただし、担当者の裁量によって、登録不可と判断される場合があることは、あらかじめご承知置き下さい。

例えば、サンプリング音源やライセンス音源など、第3者に権利がある、またはライセンスが存在する音源を含む動画、クラシック楽曲の音源など、パブリックドメインに帰属する知的創作物を含む楽曲、GarageBandのループ音源素材、サウンドエフェクト音源素材などなど、フリー素材の音源を含む楽曲は、収益化サービスの登録対象外となります。また、オリジナル楽曲のカラオケ・アカペラ・インスト・ショート・リマスター・ライブバージョンなどの楽曲、カバー曲の中でも、有名アーティストの歌真似など、オリジナル楽曲と聴き間違えるほどよく似ているもの、コンピレーション盤、リマスター盤、ベスト盤、DJミックス盤など、オリジナル盤以外のアルバムも、対象外とされています。その他に、スピーチやインタビュー、朗読など、音楽以外のコンテンツなども、収益化のサービス対象外です。

対象者・登録手順など

Youtubeコンテンツ収益化サービスは、iTunes Storeなどを対象として配信される「ディストリビューションサービス」とは別のサービスとなります。ただ、Youtubeコンテンツ収益化サービスは、単体でのサービス提供は行なっておらず、ディストリビューションサービスを利用しているアカウント管理者を対象として提供しています。

このサービスに楽曲の登録を行なうと、Youtubeの「コンテンツIDサービス」に登録されることとなります。登録の手続きが完了すると、Youtubeでは、登録者がYoutube上にアップロードしている、または将来に於いてアップロードする全ての動画を対象として、コンテンツIDを元にして、楽曲の使用されているYoutube動画を特定します。そのようにして特定した動画には、広告を表示させることができるようになり、登録された楽曲から収益が発生するシステムとなっています。ただし、動画に広告を表示させるか否かの判断は、Youtubeの運営スタッフの裁量によってなされますので、あらかじめご承知置き下さい。

Youtubeによるコンテンツ収益化サービスは、一部の地域を除いて、Youtubeの対応する全てのエリアを対象として提供されています。

サービスの概要と特徴

皆さんは、YoutubeコンテンツIDによる収益化支援サービスというものがあるのをご存じでしょうか? Youtubeと言えば、現在、世界最大の規模を誇る動画共有サービスであると共に、世界でナンバー2の検索エンジンとも言われています。

そのYoutubeでは、「コンテンツID」の利用によって、自分の楽曲が、世界中でアップロードされるYoutube動画に使われた場合、その使用範囲に応じて、収益を上げることのできるサービスを提供しています。例えば、自分の楽曲が、第3者のユーザーのアップロードしたYoutube動画に使われた場合に、そのユーザーによる当該動画の使用を自動的に許可して、収益化の対象とすることが可能です。その際に使用されるのが、コンテンツIDと呼ばれるものになります。そのようにして、収益化の対象となった動画広告から得られる収益は、Youtubeの支払い条件に応じて受け取ることができます。

「Youtubeコンテンツ収益化サービス」に自分の楽曲を登録すれば、世界中のYoutubeユーザーに対してプロモーションを行なうことができるのに加えて、広告による収益を得ることが可能になるという訳です。

YouTubeコンテンツIDでの収益化

現在、世界最大の動画共有サービスであり、世界で2番目の検索エンジンとも言われるのがYoutubeです。そのYoutubeによって提供される、コンテンツ収益化サービスのことをご存じでしょうか? こちらは、自分の楽曲が、Youtubeの第3者ユーザーに使用されると、その範囲に応じて、収益が発生する仕組みのサービスです。発生した収益は、Youtubeの支払い条件に応じて受け取ることが可能になります。こちらのサービスを利用すれば、Youtubeを通じて、世界中のユーザーにプロモーションを行なえる上に、広告収入を得ることもできることになります。

Youtube広告収益化サービスでは、自分の楽曲が、第3者のアップロード動画に使用された場合、その動画の使用を自動的に許可し、収益化対象とすることができます。このサービスは、iTunes Storeなどに配信される「ディストリビューションサービス」とは別物ですが、ディストリビューションサービスを利用中のアカウント管理者を対象としており、単体の提供は行なわれていません。このサービスに楽曲を登録すると、「YouTubeコンテンツID」に登録され、収益化の対象となる動画が特定されて、広告を表示させることが可能になります。

こちらでは、YoutubeのコンテンツIDによる収益化支援サービスに関して、詳しくご説明してまいります。このサービスのことが気になる方は、是非チェックして下さい。