YouTubeコンテンツIDでの収益化

現在、世界最大の動画共有サービスであり、世界で2番目の検索エンジンとも言われるのがYoutubeです。そのYoutubeによって提供される、コンテンツ収益化サービスのことをご存じでしょうか? こちらは、自分の楽曲が、Youtubeの第3者ユーザーに使用されると、その範囲に応じて、収益が発生する仕組みのサービスです。発生した収益は、Youtubeの支払い条件に応じて受け取ることが可能になります。こちらのサービスを利用すれば、Youtubeを通じて、世界中のユーザーにプロモーションを行なえる上に、広告収入を得ることもできることになります。

Youtube広告収益化サービスでは、自分の楽曲が、第3者のアップロード動画に使用された場合、その動画の使用を自動的に許可し、収益化対象とすることができます。このサービスは、iTunes Storeなどに配信される「ディストリビューションサービス」とは別物ですが、ディストリビューションサービスを利用中のアカウント管理者を対象としており、単体の提供は行なわれていません。このサービスに楽曲を登録すると、「YouTubeコンテンツID」に登録され、収益化の対象となる動画が特定されて、広告を表示させることが可能になります。

こちらでは、YoutubeのコンテンツIDによる収益化支援サービスに関して、詳しくご説明してまいります。このサービスのことが気になる方は、是非チェックして下さい。